株式会社テクノ東北

株式会社テクノ東北 公式HP

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央二丁目11-9 S.K.Yビル

Recruit 社員の声

2020年7月

構造技術部橋梁設計グループ K.M(入社2年目)

①現在行っている仕事(業務内容)

 私は、橋梁設計グループに配属になり、橋梁の補修・補強設計の業務に携わっています。

【業務内容】

  • 現地調査結果をもとに、補修図面の作成。
  • コンクリート試験結果のまとめ。
  • 補修内容などをまとめた報告書の作成。

②テクノに入ってよかったと思うこと、やりがいを感じるとき

【良かった点】
 日々学ぶことがあり、勉強の毎日ですが、覚えた知識を業務で活用できた時はやりがいを感じます。また、先輩方が定期的に勉強会を開いて下さり、気軽にわからないことを質問できるなど、環境的にもとても充実していると思います。

③テクノを選んだ理由

 私は高校生の頃に土木系の仕事がしたいと思い、土木が学べる大学に進学しました。そこで勉強するうちに橋や構造物にかかわる仕事がしたいと思うようになり就職活動は建設コンサルを探しました。何社か見学に行き、一番感じた雰囲気がよく入社を志望しました。

構造技術部橋梁設計グループ K.O(入社2年目)

①現在行っている仕事(業務内容)

 私は既設橋梁の補修・補強設計を担当しております。補修業務では現地調査を行い、傷んでいる部材の程度の確認と損傷の原因から補修工法の選定を行います。補修が必要であると判断された部材については詳細設計を行います。補強業務では旧基準の耐震強度である既設橋を現行の基準に基づいた耐震強度をもたせるため適切な補強工法の選定と応力の計算を行い、詳細設計を行います。いずれも橋梁長寿命化の重要な役割を担っております。

②テクノに入ってよかったと思うこと、やりがいを感じるとき

【良かった点】
 教育制度が充実していることがよかったと感じます。大学では他分野を専攻しており、配属時には構造に対して不安な気持ちもありましたが、業務について教えていただくほか、勉強会なども開催していただくなど多くの教育の場をいただいていることに感謝しております。

【やりがいを感じる時】
 現地調査や補修・補強対策の計画、詳細設計を一貫して任せていただけるということにやりがいを感じます。新しいことばかりで勉強の毎日ではありますが、責任を持って頑張ろうという気持ちで日々の業務に取組んでおります。

③テクノを選んだ理由

 学生時代に都市計画について学ぶことがきっかけで、街づくりやインフラの整備に携わる仕事がしたいと考えるようになりました。宮城県で就職を探していたところ、土木の幅広い分野で地域に貢献している弊社が大変魅力であったため志望いたしました。

交通技術部都市構造グループ T.K(入社2年目)

①現在行っている仕事(業務内容)

 私は今、電柱を地下に埋設する電線共同溝という業務に携わっています。
電線共同溝の図面作成をするにあたって、その地区ごとに異なる環境(地下に埋まっている埋設物や道路の形状等)を理解しながら、その地区の特性を活かした計画をしていきます。
普段はデスクワーク中心ですが、必要な時は、現場調査を行い、写真を撮影したりもします。
まだ入社して日が浅いので、基準書やマニュアルなどを読んで少しずつ学び、わからないことは上司に質問して教えてもらいながら、日々勉強中です。

②テクノに入ってよかったと思うこと、やりがいを感じるとき

【良かった点】
 私は、担当している業務の知識が0の状態で入社しましたが、様々な方から優しく丁寧に教えていただけるので、とてもスキルアップのしやすい職場だと思います。
皆さんが働きやすい環境作りを意識している所や、年齢や部署を問わず仲良く話したりと、非常にアットホームな職場だとも感じます。

【やりがいを感じる時】
 入社したての時は、作業のやり方を教えてもらったら、その作業をまず終わらせることに力を注いでいましたが、少し慣れてきたら図面作成時の効率化を考えながら作業してみて、実際に前と比べて作業効率があがったな。と実感できる時にやりがいを感じます。

③テクノを選んだ理由

 私は、工業高校に入学した時から、工業系の専門職に就きたいと考えていました。
ですが、自分はあまり体が強い方ではなかったので、できればデスクワーク中心の仕事をしたいなと思い、高校の先生に相談してみたらこの会社を勧められました。
インターンで行った訳でもなかったので、色んな方々から情報を聞いたりして、自分に合いそうだなと思い、入社しました。

保全技術部保全第二グループ Y.S(入社2年目)

①現在行っている仕事(業務内容)

 私は、国交省発注の橋梁点検業務を主に担当しています。
 近年、橋梁の長寿命化修繕計画の策定が進む中、従来までの対症療法的な維持管理から、予防保全型の維持管理へシフトが進んできており、橋梁点検の重要性がますます高まっています。
 私も橋梁点検を通じて、長寿命化計画の一端を担っている事を自覚しながら業務に取り組んでいます。

②テクノに入ってよかったと思うこと、やりがいを感じるとき

【良かった点】
 まず、社内の雰囲気がとても良く、楽しく仕事ができています。
 弊社の橋梁点検業務は、踏査・計画・点検・調書作成・報告書作成と一連を通して行っているため、少しずつではありますがスキルアップを図ることが出来ています。
 出張も多いですが、出張先の美味しい物を食べたり飲んだり、お土産を買ったりできるのも、この業務の特権です(笑)

【やりがいを感じる時】
 橋梁点検結果を踏まえて、補修工事が行われている様子を見ると、橋梁の長寿命化に多少なりとも貢献できたかなと思い、やりがいを感じています。

③テクノを選んだ理由

 以前、橋梁点検業務を勉強するためテクノ東北に出向にきておりました。その際、橋梁点検のみならず補修設計も沢山の方に教えて頂き、非常に良い経験をさせてもらいました。その後、橋梁の長寿命化業務にもっと携わっていきたいと考えるようになり、橋梁点検業務について多くの実績と経験がある弊社に入社すれば、自分のスキルアップを図ることができると思い志望しました。

番外:野球大好き!

 弊社は、サッカー好きが大多数で、野球好き(もちろん楽天イーグルスファン)は少数派で肩身が狭いです…。(私が知る限り、野球好きは齋Tさん、T花さんぐらい…。)
今年はコロナウィルスの影響で、まだ観戦に行けていませんが、球場でビールを飲みながら応援するのが至福のひとときです。


「社員の声」履歴はこちら

似顔絵ジェネレーター:似顔絵メーカーを利用して似顔絵を作成しています。